今日はACAG TEST

cw skimmer をセットアップしてみた。なにこれすごい。

技術の進歩ってすごいな。

 

CTESTWINと連携させるばあい、どっちにCATのコントロールを渡すのが良いんだろ?

って、CTESTWINに渡すほうが良いに決まってるよな。CW skimmerを運用する専用無線機とPCを用意すればまた別なんだろうが...。

 

ACAG終わったので追記。

 

台風19号がすごかったので、関東の大学社団とか居ないし、移動している人も居ないしで、ちょっと静かだったのかなぁ? 久しぶりすぎてよくわからない。

 

結局C7Mでエントリーした。

 

CTESTWINのキーヤーをRIGにつなぐケーブルを用意してあったんだけど、CATのケーブルとキーヤーのケーブルを両方接続したらみごとに回り込んで駄目だった。フォトカプラ入れたケーブルを作り直すよ。

 

そんなんで、CTESTWINのキーヤーが使えないという縛りで24時間戦う羽目に。PICキーヤーのプリセットだけでなんとかすることになってしまったので、今回はまぁ復帰初戦だし呼び周りだけでCQ出さないことにした。

 

CW skimmer便利すぎる。解析はアテにならないけれど、ウオーターフォールを目で見て再確認できるのが良い。まぁでも耳で受信できていないときは大抵ウオーターフォールを見ても分からんのだけれども^^;

 

CATコントロールは、CW skimmerに渡すのが圧倒的に便利でした。CAT連携している状態で、右肩の解析画面をクリックするといきなりゼロインしてくれるとかすげぇ。

 

なにしろ、20数年前のコンテスト風景しか知らんので、この手の技術革新色々あるんだろ~な~。みたいな感じだ。

LOG提出も技術革新のおかげで、終わった瞬間にJARLに提出するログが出来上がって、電子メールで提出でよくて、このタイミングで書類提出が完了してもうJARLから受領確認メールが戻っているという。恐ろしく簡単でおどろいた。ちうかWEB上に書類提出局リストが上がってるのか。驚く。

 

もう何年も前からそんなだよ、という話なんだろうけど、コンテスト参加するのほんとに20年ぶりなんだよぅ。

 

ちうわけで楽しかったが、電信はちゃんと練習しとかなきゃ駄目だ。

 

http://www.jarl.com/contest/eloglist/received-acag.htm

 

アマチュア無線、FT8関連でセットアップしたことをメモしなければ

 

だんだん色々になってきて、もうわけがわからないよ。

pskreporter.info


www.eqsl.cc


Turbo HAMLOGのデータをeQSLに送る手順。
jp1lrt.asablo.jp

※オプション-QSLカード印刷 のコメント欄に注意
※検索-複合条件検索と印刷-検索条件の設定
で、出力先にADIFファイルを選ぶ。Remarks1を出力を選んでおいて、ここに書いたコメントがeQSLに転送されるようにする。
未だに漢字は駄目っぽいので気をつける。

- eQSL2Thwの使い方 -
http://ja1xuy.in.coocan.jp/How_to_eQSL2Thw/index.html

メモをするのはアウトプット

メモるべきはインプットではなくアウトプット - Chikirinの日記

これ読んできた。

自分、PLCのラダーを設計する人で、発注者であるお客様と打ち合わせをする訳だけど。

打ち合わせで会話をしながら、頭の中でラダー回路を設計しながら会話をするんですよね。
完成形をイメージしながら打ち合わせをする。ものづくりをする人はみんなそうしていると思うんだけど。
それをしたものは、自分が考えたことなので、お客様に言われたことよりも覚えやすく、忘れない。
打ち合わせが終わると、ラダー図が頭の中では完成していて、あとはそれを入力すれば仕事終わり。という状況にできれば完璧。

若いころ、すげーできる先輩がこれをやっていて、真似をしながらずっと経験を積んできたら、いつのまにかある程度はできるようになった。

こういうふうに打ち合わせをしないと、センサーが足りていないとか、運用で曖昧な点がある、などの指摘ができないのよ。
持ち帰って設計中に気がついて指摘をするのでは、全然周回遅れになってしまう。
優秀な設計者と平凡な設計者の差は、着手時にイメージできる完成形の完成度の差なのであるよ。

本来専門外だけれども、たまーに自分でやらなければならなくなる、機械設計などではいまだにこれが苦手で、図面を書いてみないとまるで判断ができなかったりするんだけどね。

職人さんなんかも、打ち合わせしながら施工手順を想像して、施工時に困りそうなことを質問していると思う。この施工手順の想像が、どれだけ精度よくできるかが、
見積もりの正確さに直結するし、トラブルの回避にも役立つ。そんなこともあろうかと先回りできるのは、やはり手痛い経験をしてきているから。

スターデルタ起動器

三菱の3接触器式スターデルタ始動器ってさ

弊社3接触器式スターデルタ始動器(EYD形)では、スター用接触器(MCS)の遮断責務を無くすために、スター始動電流をメイン用接触器(MCM)で遮断する方式としています。これによりMCSの短絡方式をデルタ短絡としてスター短絡時よりも小さいフレームを選定しています。

って書いてあるのよ。これって、普通の負荷が設定どおりに起動するときはこのとおりなのだけれど、ときどき重負荷起動になり、スター時に負荷拘束になってしまうことがある、ような負荷を相手にするばあい、このときどきの重負荷時にはスター用接触器で負荷を遮断することになってしまうので、スター用接触器の選定がまずい、ということになるんだな。まぁそんな重負荷にスターデルタ起動器を使うなっていう話なんだろうけど。でもときどきなのよ?定常時は無負荷から起動できるのよ?選定難しくない? っつうかやはりスター用接触器を三菱のこれを参考にケチっては駄目だというだけの話か?

スター接続中に、Off PB から切られたとき、MCMの開と、MCSの開が同時という制御回路なのよ。MCMが切れてからMCSが切れるようになれば良いのだから、THRのb接ところにOFF PBがあれば良いのか? あれ? なんでそうなってないの三菱さ~ん。
まぁ気持ち悪いけど。気持ち悪く感じるのは、MCMが溶着したらOff PB でモータが止められなくなる場合があるからなんだな。でもサーマルが動作するような異常時には、MCMを先に切りたいからこの回路なんだもんな~。
人間判断で重負荷時に起動を諦めるようなとき、やっぱりダメなのよ。なんかモヤる。

スターデルタ起動器を使ってよいのは、ファン・ポンプなどの起動時に軽負荷になるとはっきりしているときだけ。
ときどき重負荷になってしまうことがあるような工作機械の起動には、素直にリアクトル起動を検討したほうが良いし、三菱の3接触器式スターデルタ起動器は使えません!ってこった。

ときどき重負荷起動になっちゃうような機械に適用するときは、スター始動電流をスター用接触器で遮断できる選定にしましょう。
ってことで良いでしょうか?

SoftGOT2000ってさぁ

SoftGOT2000ってさぁ、アプリケーション起動設定とかの各種設定を、ファイルで控えておく機能ってないの??

現場でどう設定したのか、判らなくなるよねこれ?

普通のGOTはさ、ツールで設定したものが全て流し込まれるから、こんなん必要ないんだけど、SoftGOTは困るじゃん?

SoftGOT側で設定できる内容が意外と膨大なので、横展するたびにものすごく面倒なんだけど!

みんなどうしてるんだろう。

使い方忘れてるすぎ。

アマチュア無線コールサインを復活したんだよね。

FT8が断然面白そうだよね。最近始まったばかりみたいだし。
無線機は手持ちのFT-900でなんとかなりそう。新しい無線局の登録申請してないけどw

以前無線局をしてた当時はCATシステムとか意味不明だったが、今となってはこんな子供だましな代物だったのか、と思える程度に職業経験をしてきたのだなぁとしみじみ感じるなど。

PCはまぁ、サウンドカードなんて必ず搭載されているし、どれでも良いんだな。
VAIOのヘッドセット対応ヘッドフォン端子の、仕様が解らない。CTIA規格の4極ミニプラグって代物で良いのかな。これを3極ミニプラグにして無線機のDATA IN/OUT 端子につなぐわけだけど、VAIO側の電圧入力レベルやインピーダンスなどの物理層はどうなってるんだろう??

FT-900の無線機側はいわゆるラインレベル出力(30mV 600Ω)し、ロー出しハイ受け(30mV 3kΩ)になっているわけだ。
パソコン側はどうも規格書的なものがみあたらず訳が解らないのだが、ヘッドホンが駆動できる電力を送ってきていて、コンデンサマイクを駆動できる電力を供給してきているのだろうから、やっぱりトランス入れたほうがいいんだよなぁ。

CTIA規格の4極ミニプラグなんて、どうやって入手するんだ? とか思ったけれど、100均でヘッドセット探してちょん切れば良いのか。トランスも100均商品の中に入ってないかなww あるいはCTIA規格の3極×2メスに変換するケーブルを買えば良いのか。変換ケーブルのほうがPC側に汎用性持てるので良いのかな。そうすればNECのノートでも使えるんだな。そうしよう。

トランス入れたほうが良いに決まってるけど、まぁとりあえず半固定抵抗だけのインターフェースケーブルを作るか。

あと、FT8のときのPTTは、CATを使うことにしてしまえば、PCとRIGとはオーディオ信号と、CATのケーブルだけを接続すれば良いんだよね? PTT信号や、RTTYのSFシフト信号とかの資料がいろいろ散見されるんだけど、CAT使うなら不要で良いんだよね?

CATはUSBシリアル変換して繋げば良いのかと思ったら、無線機側はRS232レベルじゃないのか。というかTTLレベルなの??
どこに資料があるのかなぁ。FIF-232Cの回路図みたら、フォトカプラで絶縁して、オープンコレクタ渡しで、受ける方はディスクリートで232Cレベル変換してんのか! マニアックだなぁ。ちう訳で、これはあれだ。USBシリアル変換基盤を秋月電子で入手して、フォトカプラだけ付ければ良いんだな。

CATケーブルはこれを利用して制作。ケースはフイルムケースかな〜w
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-05841/

FT-857/817あたりの最近の機種ならこんなのがあったけど、FT-900とはコネクタから違う。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B008MUDX18/

FT8の運用など
http://jarl.653.jp/ham_sympo/ham_sympo2018/FT8_20180204.pdf